タグ:開業の背景 ( 4 ) タグの人気記事

鍼灸院 その2

開業して丁度2週間が過ぎ・・どの様に患者さんが来院しているのか・・・。
少し心配で訪ねてみました。
心配をよそに、これも皆様のおかげ、張先生のおかげと張り切っておりました。
若くして開業にはそれなりの利点もあり、欠点もつきまといます。
しかし、この鍼灸院の主はまだ30を過ぎたばかりと言う実に若い青年です。
ですが・・・言葉や態度に風格があると言うか・・・術者としての雰囲気を持ち合わせている不思議な若者である。実に穏やかの語り口と顔立ちは、この職に生まれた時から決まっていたような感じさえ致します。
中国に留学して目指す道の師匠に出会う事になるのですが。
彼が自分の師匠と決めたいきさつが、癌の治療に対する考え方を質問した事からとのこと。
師匠曰く「言不可冶者、未得其術也」「霊柩・九鍼十二原」その後に言葉強く付け加えて「私もまだまだ未熟だ・・・だから77歳になった今でも毎日勉強している」
要は己の未熟を認め未熟を克服する道を究めてこそ、医に携わる者の資格なり。ただし基本を極めずして答えにたどり着く事なし・・・。
張師匠は現在八十歳を数年前にすでに越えましたが、しかし内弟子希望者が中国全土のみならず世界から集まるとの事。これは実績の証明の何物でもない事は確かです。
それにしてもこの鍼灸院の主は日本人初の内弟子となれた事そのものが・・・・。
中国では張と名の付く術者は多いです。
ゲンゴローいの
e0120134_110356.jpg

by ihs3365 | 2010-04-27 11:00 | とりとめのない話
車社会も2005年をピークに車両登録台数が減少致しております。
当然人口は一部の都市部を除けば減少致している事はご承知の通りです。
この二点はとても大切な考慮すべき点です。
役場に行けば町内ごとに詳しく知る事が出来ます。
この事は後ほどにして。
車での来院者を中心に考えるなら。コンビ二の立地条件は参考になります。
車が入り易い、出易い、高齢化、女性ドライバー等々考慮すべき問題です。
交通量の多い交差点付近、スピードが出易い道路に面している、右折左折が出来にくい道路等要注意です。しかし歯科医院の存在を知って頂く事は大切です。
公共交通機関等徒歩での来院が中心なら、一日の往来人数を右手から左手から時間帯も含め、日数を掛け調査を行なう事で、往来の年代層も合わせて把握可能となります。
都市部や地方市街地に関係なく必要なのは、開業予定地の近隣歯科医院がどの様な取り組みを行なっているかはとても大切な情報です。
表現が適切ではありませんが、最初から負ける戦争を仕掛けないのが常で、情報分析は大切です。
そして武器が無ければ戦いにはなりません。どの様な歯科医師を目指すのかとても大切な事です。
                                          ≪ゲンゴローいの≫
e0120134_9371958.jpg

by ihs3365 | 2008-12-12 09:38
候補地選択基準の550,000万を下回る場合は覚悟が必要です。
日本全国この基準を下回る市町村は結構ありますが、一度ご自分で地域の確認をしてみると納得出来ると思います。
ただし小さな町村で歯科医院の数は多いけど、ご高齢な歯科医師が多い場合は又別となります。
都市部と550,000万を切っている街での開業。
開業予定地は歯科医院空白地を選ぶのが普通のようですが。しかしもっとも来院数の多い歯科医院の近くを選定する事を避けてはならない。
なぜなら来院数が多いにはそれなりの理由があります。
全部調べ上がると意外と方向性が見えてきます。
交通の便が良かったり、通行者から目立ったり、良さを全部洗い出すことが必要です。
良さを共有出来る事も多い事に気付きます。後は・・・後で開設する方が強みがあります。
ただし誰しもが適用とは言えませんが攻める気持ちは大切です。
では歯科医院空白の町角に開設したとしても、患者さんから認知して頂くには3年近く必要とします。
認知して頂く方法もありますが・・・・。

                                           ≪ゲンゴローいの≫
e0120134_18144668.jpg
e0120134_1815658.jpg

by ihs3365 | 2008-12-04 18:15
私の新規開業計画を考える指数その1
候補地選択の基準の目安
市の人口÷歯科医院数×市民平均所得平均・・・・1歯科医院持ち金額

例 新潟市
805,533人÷481(歯科医院数)×3,120,000(所得)    522,600万
例 浜松市
804,032人÷381(歯科医院数)×3,382,000(所得)    713,600万

1歯科医院の持ち金額が550,000万を切ると開業には結構パワーを要します。
この持ち数字が歯科医院建設投資限度金額とも関連します。
まず市町村の割り出しをして、後は市街地の立地条件をお考え下さい。
来院数の多い歯科院にはそれなりに理由があります。
その理由こそ大切な開業のキーポイントです。ご自分の診療所を中心にして半径○○mに歯科医院が無い・・・これもひとつの選択肢ですが。
お手本は絶対大切です・・・参考になれば幸いです。
≪ゲンゴローいの≫



2009年度臨床基本ゼミ受講生募集中

詳細は弊社HPまたは事務局まで E-mail;ihs@au.wakwak.com
e0120134_18224174.jpg

by ihs3365 | 2008-11-21 18:24