タグ:マラソン ( 5 ) タグの人気記事

2012年走り納め

先日青島太平洋マラソンでフルマラソンに靴も買って初挑戦して来ました。
この大会には4年前ハーフマラソンで参加したのが走り始めですから・・・
ハーフマラソンからフルマラソンまで2年時間を要して・・・常に中途半端な距離から脱皮出来て、少しスッキリしたところです。
自分の歳を考えればもっと早く挑戦すべきだったと思いましたが・・・結局今年!縁の深いこの大会を一年の走り納めと兼ねてフルを走って来ました。
やはりは魔の30キロを体験出来た事は実に貴重な事でした。
順調に10キロを50分台後半で走れたのはたった20キロまで・・・。
その後は1時間10分台そして20分台とズルズルとなり結局4時間51分と情け無い結果となりました。
呼吸の乱れはほとんど感じなかったが両膝の痛みとの戦いは想像をはるかに越えるものでした。
しかし走り終えた身体にダメージはそれほどでも無く・・・その日の夜の外出にも、そして翌日にも影響がほとんど無い不思議な体験となりました。
寒い風の性か汗も少なく・・・ビールの醍醐味のためにサウナでしっかり汗を流したほどでした。
これでハーフの領域から脱皮出来た事は又新たな挑戦の始まりとなりそうです。

ゲンゴローいの


e0120134_17412583.jpg
e0120134_1741394.jpg

by ihs3365 | 2012-12-25 17:46 | ゲンゴローの見た風景

まさしく雨水かも

2月27日の東京マラソン・・・川内優輝さん。
素晴らしい走りに感動と勇気を頂いた人も多い事ですが。
素晴らしいのは走りだけでなく練習環境に又心打たれた人も多かったと思います。
公務員で定時制高校の事務職員。
もちろんコーチはなし。トレーナーもなし。食事管理者もなし。全て自分の判断の元に練習スケジュールを消化していく、素晴らしい自己管理能力は立派としか言い表せません。
「公務員の給与をカットしろ」・・・などと諸々国会ではヤンヤの連日ですが。
国会議員の皆様も同じ公務員なら、いい加減に少しはゴールを目指してまとめて欲しいものです。
レースの途中でスペシャルドリンクの争奪程度しか見えないのは大変失礼な話ですが・・・。予算を通さないなら通さない、国民生活に与党野党とも責任を考えて途中棄権だけは勘弁して下さい。
解散すれば済む問題と違う事を認識出来る人が、国会議員の参加条件かもと考えてしまいます。
訳の解らない行動をする国会議員は、改めて走り方を考えて欲しいものである。
もちろん川内さんを見習って。
ゲンゴローいの
e0120134_11262194.jpg

by ihs3365 | 2011-03-01 18:21 | とりとめのない話

9月2日 骨折その2

今日は真新しい真っ白なギブスを付けて頂きました。
考えてみると私は3度目の骨折となります。
一度目は高校球児時代・・右手の人差し指(へたくそ故)。
もちろん夏の大会が終わってからの受診でしたから1ヶ月以上腫れて痛いまま練習と試合でした。
苦い、苦い思い出もありますが・・・・。
その後社会人になってこれも野球で左手首。
これは痛くて眠れない一夜でした。
これがトラウマでしたが今回は何とほとんど痛みを感じないので・・・。
骨折とは思っていませんでした。が・・・翌日から歩く事は大変な困難な事でしたが。
右足小指の付け根その先端、多分ピーナツ1粒程度欠けただけなのに。
不自由この上ない有様です。歩く事や車の運転は何とかこなしていますが。
小さな骨片にしては生体に意外とダメージがある事!実感中です。
整形外科の先生曰く「骨の治癒日数はその人の体の年齢です」しかも・・「時間がかかると思いますョ~」生年月日は嘘をつかないだろうが・・・・・少しは励ましてよ~の思い。
隣の診察台では、おばあちゃんに実にやさしく素晴らしい対応の先生。
「そうか」私の闘争心をかきたて治癒を早めるマインドコントロールかと勝手に納得したところです?
それにしてもレントゲンは撮りましたが、痛み止め、湿布諸々不要。ただただ固定・・この処置で診療費が安いのにはびっくりです。しばらくの辛抱これも又幸いに出来ればと・・・無理に思って治癒促進の秘策を模索中です。
                                              ≪ゲンゴローいの≫
e0120134_13561752.jpg

by ihs3365 | 2009-09-03 13:53 | とりとめのない話

8月29日(土)仏滅

8月29日(土)仏滅・・午後8時
ほぼ闇夜のジョギング中下り坂7㎞地点。
10月初旬の宮城県松島町ハーフマラソンに向けて、夏場の走りこみの日々最中。
負荷をかけるため好んで坂道のコースを選定している関係上最高の下り坂を・・ブンブン走でした。
ささやか路面の段差、側溝の縁約4㎝に右足を着地したとたんポキッ・・・・・。
走る事を断念したのは正解でしたが、残り7㎞余り足を引きずりながら歩く覚悟も決めざるも。
ご丁寧に十分人気、車気、の乏しい夜道、しかも月明かりも無い状態。
ポキッ・・・・の残存音と痛みの中歩くのは結構精神的に不安になるもだと痛感いたしました。
1㎞程歩いたところでモーテルの前に・・・。
このホテルはやはり少し人里から離れたところにあるのが品格というものかも。
ここで待てばタクシーに出会えるととっさに確信いたしました。
しかしホテルの前は営業妨害だろうと考え少し歩を進める事3~4分!と言っても30mたらず。
何と女神のカップルが、いやタクシーが。
これだ!! 両手を上げ私の存在感をアピール。まもなく客を降ろしたタクシーが私の元に。
出張中のためホテルまで¥1,280は、もちろん現金の持ち合わせはありません。
しかし私は、骨は折れてしまいましたが、何と恵まれている事と諸々の方々に感謝しながら仏滅夜が過ぎて行きました。これなら多分奇跡の回復をと・・信じているバカ者です。
まだ腫れがあるためギブスは巻けない状態ですが、シーネをガムテープで強固固定中です。
                                               
                                                 ゲンゴローいの

e0120134_1819592.jpg

by ihs3365 | 2009-08-31 18:26 | とりとめのない話

マラソンそのⅡ

大阪国際女子マラソン。
福士加代子さんの競技場での姿が壮絶に写しだされて、不思議な感動を強く受ける事になりました。
意識の無い中で走ると、悲壮感とは異なる顔になることも不思議でした。
私も走り始めて2年目を迎えていますが・・。
中級市民ランナーを目指して準備をしています。
市民ランナーはフルマラソンの時間でランク分けされているようです。
3~4時間以内が上級。4~5時間以内が中級・・なかなか大変な事です。
市民ランナーは、マラソンランナーとは異なる世界で楽しんでいる事が大切な事と思い知らされます。
福士さんはれっきとしたマラソンランナーで、最後まで走り通した素晴らしさにとても熱いものを感じました。
ある専門家は福士の走りは、「あんなにはねたら30キロは持たない」と言っていました。
福士さんは青森県五所川原市の生まれで立倭多の里、子供の頃から跳ねて踊る血が流れているのかもしれません。
ちなみに倭武多の踊り子を「跳ねと」と言われるように、10分も続けて踊れないほど激しい運動量です、しかも3時間近く街を凱旋し、四日間も毎夜祭りが続くわけですから、福士さんもあの走りに自信があったのかもしれません・・・。いつかきっと、もっと素晴らしい笑顔でゴールする走りを見せて頂けるものと信じております。(写真は読売新聞から)
e0120134_11445677.jpg

(ゲンゴローいの)
by ihs3365 | 2008-01-31 11:46