タグ:デンタルショー ( 2 ) タグの人気記事

4/25京セラドーム大阪で行われた近畿デンタルショーに当社営業2名で行ってきました。
当日は雨風が強く悪天候で傘も目的を果たさずスーツを濡らして会場への到着でした。
午後1時からということで早々に昼食を済ませながらスーツを乾かし開場に備えます。
当日の最終便でとんぼ返りとなるため見学できる時間の限界は4時半ごろまでの実質3時間ほどでした。
今までの出展者サイドではブースを抜けることもままならず情報収集も半端で十分できなかったので今回ブースの反対側、お客様サイドで参加できたことは良かったと思います。
最近各メーカーから寄せられる情報の減少を頓に感じます。
薬事の絡みか新素材の開発が無いため新しい商材が出せない、学術の分野では次世代のリーダーの不在など色々な面での展開が止まっており業界全体の方向が見えにくくなっていると思います。今回このデンタルショーのなかで少しでも今後の方向を感じることができればと考えていました。感想としてまずはドクターサイド、レーザーは展示があるが人の立ち寄る気配なし、M社はノリでデンタルショー限定カラーまで出す始末、ブームは去った感あり。Nレセコンは試せるブースの半分も埋まっていない。口腔内カメラも2社の出展のみ、インプラント関連でメインメーカーN社の出展なしと悲しい状態でした。それに引き換え衛生士サイドは元気がありケア商材あるところには人が集まり特にL社ブースは何重にも取り巻きができておりました。この業界で“生かされている”のは衛生士さんたちだと思いました。技工サイドでは噂通り熱可塑性レジンと射出機が関西で熱いと聞いていた通り関係したメーカー以外に参考出品していたメーカーが数社ありました。近年、一気にコマーシャルされて一大ブームとなっても1年も経たないうちに雑誌にも載らなくなった商材がいくつもありそのうちの1つになりはしないか心配です。最後に、売れ筋のみの展示でブースを小さくまとめてしまうメーカーが多く、それは逆に会社のイメージをトーンダウンさせてしまうと感じました。門戸を大きく開けてこそお客様に近づいていただけるチャンスを生むものだと思います。
≪ゲンゴローまさき≫
e0120134_10502888.jpg

e0120134_10505475.jpg

by ihs3365 | 2009-05-11 10:53
9月1日(土)、2日(日)に開催された東北デンタルショーへ参加して来ました。
デンタルショーは初めてだった為、右も左も分からない事だらけでしたが、上司と一緒なので色々と教えていただきながら、なんとか二日間乗り切ることが出来ました。
また、私は仙台へ行くのも初だった為、全てが初めてで、不安な気持ちとわくわく感の両方の気持ちで仙台を訪れました。

デンタルショーでは、私はカタログの配布を主にし、商品説明を上司にしていただきました。
カタログを配るのはとても難しく、興味のない方に渡そうとしても拒否されてしまい、駅前でティッシュ配りをしているバイトの気持ちが痛い程分かりました。
カタログ1部を渡すにしても興味を持ってくれる方をこちらで目利きをつけなければならないという事を学びました。
当社製品には口腔内撮影用リングストロボ「ミニリング」や、口腔内撮影用ミラー「Ref97」があります。これらを使用するのは主に歯科医師もしくは歯科衛生士の方々だと思われるので、その方々を狙って。狙って。配りました。
目利き方法は企業秘密?・・・・・です。
すると比較的受け取っていただき、やはり渡す人を考えて渡さなければと改めて実感しました。
商品説明にしても、お客様の質問に対して、望んでいる答えを率直に答え、更に話題を広げる様にしなければならない事もわかりました。私は経験が浅く、上司のように上手く伝える事が出来ていないように感じました・・・。需要と供給の一致が出来なければやりとりは成立しない!という事も学び、改めて需要をうながす商品説明及び、お客様とのコミュニケーションの難しさを感じました。
まさしく、興味を持って頂き、欲求を起こさせる技術は、心理学のベースと人生経験なくしては無理のようです。
最終的にはカタログを全て配布する事ができ、私なりに充実感を得る事が出来、とても良い経験となりました。
e0120134_17305497.jpg

by ihs3365 | 2007-09-05 09:27