基準線はどこへいった。

前歯人工歯の選択基準は何か?何を選べば良いのかと質問されたことがある。
本来、患者固有のデータとしてドクターが咬合ロー堤に正中、上唇,下唇、口角線を記入することにより人工歯は選択されるものであったはずだ。少なくとも学校ではそう習ったと思うのだが臨床ではドクターから頂く試適後のロー堤のほとんどは正中線のみの記述であるためその作業のほとんどは技工士が模型の顎堤の大きさ、形 患者の年齢、性別を加味してそれらを決めなければならない。材料屋の立場で答えると売れている形態はC(コンビネーション)次にT(テーパー)となる。他にはS,Oなどの形態もある。想像と推測で作業を行う技工士さんたちはすごいものである。丸投げされた仕事への対応としてどうともとれる混合型のCという形態を使用することが無難になるからだ。義歯の皆様が同じ口元になるということは美しさや健康を叫びながら個性をないがしろにすることと気づかなければならない。目に見えない患者固有のデータを伝達するすべは最後には術者の「心」なのか。
e0120134_8555585.jpg

# by ihs3365 | 2011-10-12 08:56

カンパーニャ嬬恋で

今年の夏休みは子供たちにも良い評価だった昨年と同じ嬬恋となりました。
連日、内陸の山岳地域には雷雨警報が出されるなど不安もありましたが2日目の昼にスコールが激しかったのみで大きな心配もなく過ごすことができました。
この季節を涼しくすごせるこの地域の皆さんがうらやましくてしかたがありません。
隣接するサイトを見るにテントの形状、ランタンの光量、使用メーカーなどキャンプ道具がどんどん良くなっておりファミリーキャンプが豊かになっていることに気づきます。
この季節お祭り騒ぎが多いキャンプ場も多いなか比較的ルールが守られるここはよい所です。きっと来年も訪れたいと思います。
e0120134_108868.jpg

げんごろー まさき
# by ihs3365 | 2011-08-17 10:08

当面は火力で

東北電力新潟火力発電所は私が住んでいる新潟市の東区にあります。いろいろな工場があり幾本もの煙突が目立つこの区に発電所があることなど興味もありませんでした。時代は火力から原子力へ移行する進行形であったはずですが東北大震災による電力供給の低下により発電量の少ない老朽化したこの発電所にも鞭が打たれることになったのです。火力が隆盛の時代の1~3号炉はすでに廃炉、現在稼働しているのは4号炉のみですが7月末までには5号系列の稼働を急いで始めるようです。新しいエネルギーが叫ばれるなか当面は火力で凌がなければならないことでしょう。日本の高度成長の象徴であったこれらの煙突も今、問題を多く抱えた現実を戒めるものとして見えるようです。
e0120134_9315100.jpg

げんごろー まさき
# by ihs3365 | 2011-07-11 09:05 | とりとめのない話

三度目の新居

2001年初夏横浜港からミャンマー国へ・・・朝日パノラマレントゲン・オートⅢ。
夏の終わりに首都ヤンゴン市内の診療所で組み立てを。
12階建てビルの7階が診療室。
ヤンゴン市内は停電が日常茶飯事の時代・・・現地の人の人力で7階まで運び込んで頂きました。
イザ!組み立て・・・組み立てそのものと健康管理等々の不安を胸に現地に乗り込んで行きました。
私と+現地人2名で組み立てました。もちろん組み立て中の公用語は身振り手振り。
稼動する事約1年。
事情が発生して急遽解体の運命・・・もちろん急遽ですから現地人が解体そして隠蔽保管。
急遽ミャンマーに飛んで五体満足を確認し梱包安静保管して運命を待つ事に。
その後1年以上経過して。
突然タイの首都バンコク市内に保管したとのお話・・・この期間の出来事は触れる事は出来ませんが。
その後又1年近く経過して日本に持ち込みたい話になり。
突然税関よりお電話を頂き・・・。
「受取人弊社」日本のレントゲンをタイから輸入なんて聞いた事がない・・・苦慮の話。
医療用具ですから問題は当然です。何とか事情を話し裏口ご厚情にすがって・・・感謝して。
その後日本からミャンマーに持ち出した診療所で組み立て・・・何とか4年近くがんばって。
しかしこの大震災・・・・海は越える事まではなく3度目の新居へ・・・先日組み立てを完了したところです。
このタフなオートⅢ君。
多くの人々から援助を受けて大切にされ。海外で機能していた事や、隠遁生活より、更に長い日本での生活がまた始まりそうです。いたる所に凱旋の傷は消える事はありませんが・・・・たいしたモノだ。
e0120134_15473656.jpg

ゲンゴローいの
# by ihs3365 | 2011-06-21 15:48

弱小チーム

若かりし頃、町内幼年野球チームの監督を3年ほど経験させて頂きましたが・・・・。
最近30年の歳月を過ぎて思い出してしまいました。
幼年野球は小学校3年生から6年生までの純粋なチッビ子達。
生活習慣など親の言う事は聞かないが、監督の言う事は聞く・・・・。
そんな事から。父兄から「勉強するように言って下さい・・・」良く依頼されたものです。
幼年野球ですからほとんど初心者。
当然野球が出来る身体作りと、野球の基本動作を繰り返えす毎日が続きました。
春先から朝練・・学校から帰って夕方練習、土日も練習、しかし練習試合は負ける、負ける・・そして負ける。
人間負ける事で強くなるもので、1年目の夏の大会までには市内40チーム以上あるなかで、ベスト8まで来てしまいました。
その後は常に優勝候補となり栄光?の時を刻みますが・・・。
私の仕事の関係で監督を3年で辞退する事となり・・・複雑な気持ちは今も残っております。
チームが熟成するとお互い助け合い、励まし合い欠点を補い合う事が、自然と出来るようになるものです。
チーム内で足の引っ張り合いや技術差からの中傷はほとんど無くなります。
補欠を含めたチームとして一致団結して戦う集団になると、必然的に結果も付いて来るものです。
もちろん勝つ事が目的ではありませんが。

幼年野球を思い出すきっかけは・・・・。
東北東日本大震災の復旧復興中の今の国会にあります。
最近仕事上で震災地に伺う事が多いのですが。
「国会議員には愛想が尽きた」「今やるべき事は・・・」
国会議員の先生方を未熟な幼年野球チーム並みかと考えてしまうのは大変失礼ですが。
しかしこうも考えてしまうのは私だけでは無いようです。
震災地の復旧復興はこれからが本番です。
国会議員の皆様の復旧復興からではあまりにも情けない。
この船はどこに・・・行く・・・。

e0120134_15415882.jpge0120134_1542572.jpg
ゲンゴローいの
# by ihs3365 | 2011-06-21 15:24

雨知話

ネコの額ほどのわが家の庭になにげなく置かれたひとつの石がある。そこらの河原にあったような石を何のために置いたのか母に問うたことがあった。石が濡れれば雨が降り出したと分かるからとの答え。確かに降り出しそうな時に空を仰ぐことはあるが降り始めたことは空を仰ぎ確認する人はいない、地面を見て知るのだ。あたりまえであることに気づかされる、現実という作用は今ここの地面にある「今を見なさい」という教えと捉えた。さりげない日常の中で先人の知恵から学ぶことは多いのだがこれからの時代、子供たちに何を伝えられるか心配になる。
e0120134_15101951.jpg

ゲンゴローまさき
# by ihs3365 | 2011-06-21 15:13
e0120134_1074691.jpg
 2011.10月にもレポートした3つのマクロレンズの詳報です。オープンプライスの価格も落ち着いてきて、シグマ70が40000円、ニコン85が44000円、タムロン90が45000円と横並び状態になりました。
 重量はニコンが355gで最軽量、タムロンが400gで中間、シグマが525gでヘビー級です。カメラボディでも100グラムは問題になる重量ですから、ニコンとタムロンの差は無視できません。キット販売のズームレンズなどのように、レンズマウントばかりでなく、光学レンズにもプラスティックなどということもありますから油断はできませんが、そこはメーカーの良心を信ずるしかないでしょう。
 純正品で価格は同じで小型軽量とあっては勝負ありですが、気に入らないのは黄色の↑の先にある距離倍率の目盛りの透明プラスティックカバーと、最短距離にも∞にもストップがないヘリコイドです。AFには不用という設計なのでしょうが好きになれません。しかし郷にいれば郷に従えで最近はAF撮影にもトライしています。結論的には今どれかを選ぶならやはりこのニコン85ミリでしょう。これにD3100とミニリングで12万3000円でフルセット完成です。(総重量1200g以下)
# by ihs3365 | 2011-05-20 10:08

きっと大丈夫...

東北大震災にて被災された地域の皆様、並びに原子力発電所の影響により避難を余儀なくされた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
私はラジオの深夜放送で育った世代で学生時代に聞いた放送から多くの喜びや悲しみ、楽しさを学びました。その当時のラジオではありませんが松下電器産業の刻印があるこの小型ラジオは今も壊れずに使用できいつも枕元に置いて寝る前に聞いております。
ラジオの良さは映像が無い分、声を発する人の思いが音の間や息使いでその時の感情が伝わって来ることです。思いを受け止めようとする姿勢がこちら側にもあるからでしょう。今回の震災でもテレビの映像以上に心に響く放送内容がたくさんありました。避難所で暮らすみなさんは夜の就寝時間はいろいろなことを考える時間であると思います。眠れない夜にはきっとラジオを聞かれたと思います。広いエリアでたくさんの方々が聞いているNHK第一放送で被災されたみなさんに心を添わせることができればと思います。同じ時間同じ周波数を共有することでラジオの向こう側へ思いの念が電波に乗せて運ばれるよう願わずにはいられません。
ゲンゴローまさき
e0120134_9385584.jpg

# by ihs3365 | 2011-04-25 09:39 | とりとめのない話
先週末4回目の被災地に入ってきました。
津波の爪後はまだ生々しく残っておりますが・・・。
太陽の日差しが春めいて来たのか・・・今回は写真に収めて来る事が出来ました。
震災当初はあまりにもの悲惨な状態と、被災者の気持ちを察しると、カメラを向ける気持ちになれませんでした。吐き気を感じるくらい地獄絵そのものでした。
地震のその場で崩れ落ちる光景は想像できますが・・・。
過去に無い最強の津波は・・・船や車が流されてとんでもないところに鎮座する姿も強烈ですが。
家らしき木材と家具 寝具 衣類・・・・
幼児の写真や人形など生々しい生活感のあるガレキには・・・・。
津波の非情を恨まずにはいられない。
しかし被災地は春の陽射しとともに復興に向け勇気と希望を持ち始めた事も確かです。
私達も復興に向けて新たに支える覚悟をしなければならない。
                                                  
e0120134_16481161.jpg
ゲンゴローいの
# by ihs3365 | 2011-04-13 16:49 | とりとめのない話

東日本大震災・・その2

18日から2度目の被災地に入ってきました。
もちろん食事持参2日分・宿泊は車内・燃費抜群のハイブリット車・・・無給油で帰還が常識。
被災地は電気と水が通った所も少し出て来て、明るい話もありますが・・・・。
水の無い事が改めて悲惨である事を思い知らされました。
津波に押されて車は道路のガードレール状態でその上に漁船が鎮座している状態・・・・。
その向こうに人家が破壊してガレキの山となっています。
しかも海底からの泥が・・・道路はもちろんあらゆる所に深々と堆積して悪臭を・・・。
被災地は何もかも生活用品が不足しております、軽率な行動を控えて大局みて行動することがもっとも大切と考えます。それと被災者はマスコミの報道のやり方や、言葉表現に意外と好意的でなくむしろ悪評である事です。被災現場の実感表現に欠けるという事だと思います。
生活用品の買占め的愚かな行動は被災者の心を同じく逆なでする残念な事です。
そこで17日急逆買占め?・・・ではありませんが。
ミルク30缶・幼児用紙おむつ30包・精米200キロ・コッペパン120個。
半日かけて新潟市内で買占めの気分を味わったところです。
本当に・・本当に1日も早い復興を願いますが・・・これからが復興の本番です。
多くの方々の力が必要となります。
復興の戦いが始まったばかりであることを、多くの国民が認識して行動したいものである。
ゲンゴローいの
e0120134_929991.jpg

e0120134_929524.jpg

# by ihs3365 | 2011-03-23 09:31 | とりとめのない話

天災・・・・

何もかも消して・・・ガレキの山に変えてしまった被災地。
お見舞いの言葉も出ない状態で・・・命があって良かったと最低限の言葉を交わす事で精一杯でした。本当に被災者の方々に心からお見舞い申し上げます。
ゲンゴローいの
e0120134_9502760.jpg

# by ihs3365 | 2011-03-14 09:51 | とりとめのない話

春に向けて

毎年私は春の花粉症で耳鼻咽喉科にお世話になります。
昨年の話ですが開院の9時にはすでに広い待合室は患者でいっぱいで、座る椅子など無いほどでした。自分が診ていただけるまで、まだしばらく時間がかかるようで暇を持て余し近所を散歩することにしました。驚くことに商業地でもない住宅街のこの通り数百メートルの直線に歯科医院が3件あることがわかりました。道路から眺めるにユニットの無影灯の明かりが1つだけだったり駐車場が空であったりで医療科目の違いでこれほど違うものかと愕然としました。今年もその季節となり先日受診いたしました。昨年と違いこの通りにさらに歯科医院が1件増えました。お世話になる耳鼻咽喉科は相変わらず患者で溢れていましたがこの地域での歯科の状況は計り知ることができ歯科界のおかしな現実はこの道路1つでも感じることができるのです。
逃げ出すことのできない現実に向き合わなければなりませんが知恵を絞り個性を出していけばなんとかなると先生方へエールを送ります。またそれは自分へのエールでもあるのです。
e0120134_9373171.jpg
ゲンゴローまさき
# by ihs3365 | 2011-03-08 09:39 | とりとめのない話

まさしく雨水かも

2月27日の東京マラソン・・・川内優輝さん。
素晴らしい走りに感動と勇気を頂いた人も多い事ですが。
素晴らしいのは走りだけでなく練習環境に又心打たれた人も多かったと思います。
公務員で定時制高校の事務職員。
もちろんコーチはなし。トレーナーもなし。食事管理者もなし。全て自分の判断の元に練習スケジュールを消化していく、素晴らしい自己管理能力は立派としか言い表せません。
「公務員の給与をカットしろ」・・・などと諸々国会ではヤンヤの連日ですが。
国会議員の皆様も同じ公務員なら、いい加減に少しはゴールを目指してまとめて欲しいものです。
レースの途中でスペシャルドリンクの争奪程度しか見えないのは大変失礼な話ですが・・・。予算を通さないなら通さない、国民生活に与党野党とも責任を考えて途中棄権だけは勘弁して下さい。
解散すれば済む問題と違う事を認識出来る人が、国会議員の参加条件かもと考えてしまいます。
訳の解らない行動をする国会議員は、改めて走り方を考えて欲しいものである。
もちろん川内さんを見習って。
ゲンゴローいの
e0120134_11262194.jpg

# by ihs3365 | 2011-03-01 18:21 | とりとめのない話

ようやく2月

新潟県にも・・・積もりに積もった3m以上です。
来る日も来る日も雪との戦いでした・・・と実感として理解出来る積雪でした。
新年は意外と積雪の少ない年明けとなったのですが1月31日現在の積雪はご覧の通り。
しかし例年2m近い積雪のあるこの地区の人は結構辛抱強い。
雪に逆らわず・・・何時は消えるものと雪との共存を決めているかのようです。
多分ひどい時は24時間近い体制で除雪が行われているようです。その結果道路は結構きちんと空けてあり車は通れる。市街地のように40cm程度でマヒしてしまうことは無い。
この時期除雪の方式や技術、又は情熱さえ感じる道路に出会う事は一つの楽しみでもあります。
ご苦労はもちろん除雪車を運転する方の性格さえ感じる事もあります。
感謝してもう暫く雪の中です。この豊かな雪が豊かな水となり・・・都心を動かす電力となります。

e0120134_17473335.jpg
ゲンゴローいの
# by ihs3365 | 2011-02-02 17:48 | とりとめのない話

白の世界で

週刊天気予報での新潟県はここ2週間、通しの雪マークです。特に上中越の山間部では雪の降るサイクルが今年は違い晴れ間が無く休まず降り続いている様で話の中でも心身ともに疲れが溜まっている様子が窺えます。幸いにも新潟市内では昨年のような大雪は未だ無く営業の帰りで市内に戻るたびにそのありがたさを実感します。写真は吹雪の日の白鳥です。寒さをしのげる場所でない吹きさらしの田んぼで過ごす白の世界に同化した姿です。日々の暮らしを静かに淡々と遣り過ごす姿から学びたいものです。

ゲンゴローまさき
e0120134_17455687.jpg

e0120134_17461982.jpg

# by ihs3365 | 2011-01-31 11:39 | とりとめのない話
皆様に本当に助けられ又大変お世話になった1年でした。
心から感謝しお礼申し上げます。
毎年毎年この様にお世話になる積み立てをして・・・・何時お返しが出来るのか不安になります。
来年こそ少しでもお返しが出来ればと考えておりますが。
タラレバの世界の話にならない様、心して新年を迎えたいと思います。
世界が大きな変動の軌道の中にある近年ですが。
貪欲に物の豊かさを求めて・・・そして物を手に入れる事で幸を感じて来た時代。
この物余りの時代ですが、心だけは余裕のない状態になってしまったようで。
考えられない様な事件が毎日の様に起きている、そして物が安くなり物があふれているのに、生活を支える基本の品々・・・それさえ買えない人たちも多くなったこの現象、どう解釈したら良いのでしょうか。日本だけの問題では無さそうですが、ここ数十年は価値観が大きく変革する1年1年となると言われておりますが。
健康に携わる者として、幸せの原点は健康である事を再認識すべきと考えております。健康を維持する事の難しさは、健康は心とリンクしているからと思います。私は老いて来てあまり発展を望めない自分の心体に、優しく語りかけ・・・時にはきつく戒められるような1年が良いかなと考えていますが・・・。
2011年も皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。
                                                ゲンゴローいの
e0120134_843414.jpg

# by ihs3365 | 2010-12-28 08:42 | とりとめのない話

散る。

今年は降雪の前に順調にイチョウの葉が散っているようです。
数年前はまだイチョウの葉が緑色の状態で、その上に真っ白な雪が積もった光景を目にした記憶がございます。これはこれで美しいモノでしたが・・・異常気象と言える光景です。
やはり雪国は、山の木々の葉が落ち、そこに雪が舞い落ちる光景が・・・自然で見慣れた美しい光景と言えます。
最近私の知人が退院して来ました。
まだ若い50代後半のたくましい男ですが・・・。
脳内出血で仕事中に倒れましたが。幸いにも処置が早かったのか運が良かったのか。
多少の言語障害と右半身に軽いマヒが残りましたが、以前のおしゃべり好きは相変わらずですし・・無鉄砲な行動を考えると・・私には幸いにも丁度いい状態になったと感じるぐらいです。
体調を崩したのは40代後半の3年間の単身赴任です。食生活とストレスと本人も認めておりますが。コンビ二の食事に頼る生活は危険を含んでいる事を認識したそうですが・・・。
入院中の話。病棟の夜は早いですが・・夕暮れから消灯となると部屋のあちらこちらから・・・・・。
すすり泣きが聞こえて来るのだそうです。その後夜が更けると1人増え2人増え、次から次へと泣き声が広がり・・・。病棟全体が悲しい闇夜となるそうです。看護師さんが必死に話を聞いて回る光景は・・・よけいにもの寂しさにつつまれる・・・暗がりらしい。自分自身の精神状態も不安定になるのは当然ですが・・・闇夜から「殺してくれ!」の叫び声は未だに耳から離れなく時々思い出してしまうそうです。
異常な光景と闇の叫びは、改めて健康に注意して残された人生を生きる決心がついたと申しておりましたが・・・・。異常気象だけでなく、私達の心も異常な「人」世界を体験しているのかも・・・・。
                                              ゲンゴローいの
e0120134_18422100.jpg
e0120134_1845393.jpg

# by ihs3365 | 2010-11-30 18:06 | とりとめのない話

熊のニュースについて

熊出没のニュースが毎日のように続いています。
今年の猛暑で食べ物が無い、ナラ枯れの影響、人を怖がらない次世代の熊の出現など、それぞれの原因をあげています。
人やその財産への被害を恐れ射殺するケースが多く特に親子(母子)で処理される対応では何とも言えない哀しみが残ります。ツキノワグマが人を襲うことは稀ではない限り聞かなかったことですが現実に起きていて困っている人たちがせざるをえない理由として決めていることです。
他者の命を奪わなければ生きられぬ宿命の話で「なめとこやまの熊」のくだりでは熊撃ちの小十郎が殺した熊に「この次は熊なんかに生まれるなよ。」と申し訳なくやりきれない気持ちを語ります。
また別のくだりでは鉄砲を向けられた熊がやり残した仕事を終えたらお前のまえにまた現れ死んでやるから少し待ってくれと自分が死なねばならない理由を知るシーンがあります。
最後には小十郎が別の熊に襲われ命を落とす話です。

今、熊が現れる原因も人間がつくったものだとしたら因果応報での私たちの将来の結末を見るようです。熊の問題だけでなく人間を優位とする考えには限界がありそのような生き方を見直す時かもしれません。
ゲンゴローまさき
e0120134_16591278.jpg

# by ihs3365 | 2010-10-25 12:55 | とりとめのない話
10月16日(土)に受講生による臨床のプレゼンがあり、合わせて今年度最終講義や臨床デモ等を行い無事終了致しました。3月から始まり10月まで長くもあり・・・過ぎてしまえばアッと言う間の早さで通り過ぎた感も致します。
今回はいつも元気者の九州勢が12名の内4人と存在感を発揮いたしました。
毎年3月の自己紹介から10月の最終回はいつも想像出来ない事ですが。
多少多めの宿題やら自習・・・講師からキツイ医療に携わる心構え等々、諸々乗り越えて最終回を迎え、自分の臨床を発表する作業は、大変だった分充実感は格別だと思います。
「歯科医師としての職業を選んで良かった!この研修会で実感出来た」・・・と涙ながらに懇親会で挨拶をしている姿は主催に携わる者として感動でした。
これもご参加頂いた皆様が臨床家として志す意識の高さが、この様な結果を生んだと感謝致しております。
来年度も粛々と開催致します。受講料は安価ですが、臨床の基本・臨床家として生きる基本を来年度も展開致したいと思います。
受講された先生方に感謝し、このゼミの意義をご理解頂き限りなく支えて下さる講師の皆様に心から感謝致しております。
ゲンゴローいの
e0120134_9391141.jpg

# by ihs3365 | 2010-10-19 09:39 | とりとめのない話

レジンよどこへゆく。

技工用歯冠修復レジン『シグナム マトリックス』がヘレウスクルツアー社から発売されました。
セラミックでしか成し得なかった天然歯の色調を自然に再現できるというもので、
通常色調再現はシェードガイドを用いますがシェードガイドの層構造は天然歯のそれとは違い人の眼の視覚的錯覚をうまく利用したもので、普段はこの積層法を用いて技工作業が行われています。今回のレジンは本来の天然歯牙の構造で作り上げることができる材料であることと、ペースト自体が天然歯のスペクトラム効果が酷似している点でこれによりレジンによる補綴は限りなく天然歯に近いものとなることでしょう。光重合レジンを初めて発売したクルツアー社らしくさらに進化したレジンであると思います。材料の進歩はうれしくそれを販売できることはありがたいのですが正直なところマニアックなものになりはしないか心配です。発売から1カ月となりますがご使用いただけるお客様は決して多くはありません。今の業界でのレジンの扱いではそこまで求められていないのが現実だと思います。どんなにレジンが進化してもセラミックが優位とされる現状でレジンの扱いは低いと云う思いは否めません。それでも購入いただいたお客様は実際に高い意識とレベルをお持ちの方ばかりです。それに追従したい意識と目標をもてる時代が再びと願います。
ゲンゴローまさき
e0120134_9533954.jpg

# by ihs3365 | 2010-09-21 09:54 | とりとめのない話