2017年

2017年念頭にあたり。比較的穏やかな気象条件のもと今年もスタート致しました。昨年は何でもありで、ついに賭博法案までが可決され・・・この先何が起こるのか不安な思いもする2017年の幕開けとなりました。国の予算編成もこれからがヤマ場となりますが・・少し岩手県紫波町オガールの仕組みを学んではと・・考えます。「国の補助金方式では地方創生は出来ない」と断言している。補助金に頼らない新しい公民連帯で地方作りの考え方は、たくましくもあり責任所在を明確にした、スッキリとした方向性のあるように思います。補助金の使い方を新たな角度で考える戦後70年とも言える。紫波町は第二の平泉と言われたて、1000年以上時は流れて来た現在は、東北自動車道からも城跡の一部復元され鐙越らしきものも拝見できる。そこに補助金は地方創生に不要と‥言って退けて現在はまだ創生半ばでありますが、見事な経済の流れ、生活、教育、娯楽と楽しみながら人生を送るエリアを創生に向かって動き出している。これでエネルギーまで自前で賄う事が出来たら、正しい地産地消となる。これは過去の歴史が決して無縁とは言えない事なのかも知れない。1000年以前からの先人の魂が今も脈々と・・・しかも生き生きと現代に、そして未来へと流れているに違いない。


e0120134_17030151.jpg




e0120134_17025198.jpg

by ihs3365 | 2017-01-10 16:58