2016年の始めに。

2016年の始めに。
世界的には中東では相変わらず戦火状態でもあり・・・
次から次へと紛争が拡大し、前途多難そのものですが。隣国さんも経済やら領土やら・・水爆やら・・問題提起には事欠かさない状態です。
国内では新三本矢・・・?的が発表になりどの様な矢が準備されるのか期待したいところですが、国民が平和な日々をもう一度考える戦後70年も大切と思うところです。
最近日本は、高価でも価値観の有るモノが売れている状態が今年も続きそうとの事。こだわりのスポーツカーから炊飯器の果てまで・・こだわりは食する事にも、旅する事にも現れています。
学校給食費が払えない家庭もあり、過去最高の生活保護受給者数と言うのに・・・。
中国を含めた爆買いに誘発されての事か、いつの間にか日本ではこだわり消費が進行中の様です。富山県の田舎のレストランでは予約待ち1年とか・・1年後も問題無い暮らしを保証された人たちが多く存在する事と思いますが・・国内で経済が回る事はとても良い事で、この先海外の方々も参入して頂ければ益々有難い事と思います。
しかし段階の世代が残り少ない人生に、財産を残してもショウガナイ・・使ってしまう的消費なのか?健康食品に群がる方々も年々多く、日本人のみならず海外のお客様も含め健康意識は相変わらず右肩上がりとの事です。
しかしこれも日本の諸々の商品がこだわって開発と品質向上に努力を続けて来た証と思います。世界的にも認められてきた酒類や食料を始め小物など、比較的小さな生産者が日々の努力が報われつつある時代が来た表れと思います。大量生産の時代から益々個の時代は近隣諸国の方々の購買にも繋がる事と思いますし、やはり品質向上は如何なる時代も裏切らない表れと考えます。
年末カンボジアに伺う機会があり、まだまだ発展途上国には大量生産で安価な安全な商品を必要としている事も現実と感じました。
歯科業界も医療の信頼を更に向上させる工夫も大切であり、常に必要とされているは今後も変わらないと考えます。
e0120134_14495443.jpg

e0120134_14445327.jpg

by ihs3365 | 2016-01-08 14:45 | とりとめのない話