年の始めに。

新しい年が始まりました。
未(十二支)豊作の願いが込められているとの事・・・
後に覚えやすくと「羊」として穏やかに年賀状に登場しておりまが・・。
やはり東北の震災被害者にとって「豊かな生活」を復興して頂きたいと心から願うばかりです。
又福島の原発事故被害者は更にこの先、諸々な苦難を乗り越えて行かなければなりません。「未年の穏やかな新年」とは決して感じていないと思います。
東京電力の方々も大変な事は想像出来ますが・・・。皆が知恵を出し合い少しでも未年にあやかりたいと思いますが・・・。
昨年末も福島を訪問致しましたが、地元福島の方々は「東京電力の本社を福島に移転し社員も福島に住んで欲しい!」と訴えています。
いつ終息するか分からない、不満をぶつける先も分からない、この現状は部外者には想像できない屈辱と思います。
豊作は土壌を作って種を蒔き、願いを込めて手入れをし、自然が恵を与えて初めて豊作の恩恵を受ける。この自然の計らいこそ私達にはどうにもならない分野ですが・・
改めて更に自然を読み取る知恵は持たなければならない事を認識して、未年を生きる事が出来ればと考えます。
又多くの方々に実りと穏やかな日々を願い年の始めと致します。
ゲンゴロウ イノ

e0120134_1414307.jpg

by ihs3365 | 2015-01-05 14:14 | ゲンゴローの見た風景